前へ
次へ

自分で手の平をマッサージする方法

普段様々な生活をしている中で、多くの人が使用している身体の箇所となるのが手になります。物を持ったり文字を書いたり様々な動作で手を使う場面は出てきます。なので疲れがたまりやすく、1日の終わりには手が疲れたなと感じる人が多くいます。そんな時に良いのが自分で手の平のマッサージになります。左手は右手で行う事ができ、逆に右手は左手で行う事ができます。またすぐにできるので短時間でもマッサージすることができ、すぐに効果を得られます。実際に手で行う方法ですが、掴んで指で押す指圧のようなマッサージがよいです。ただし手で押すのが疲れてしまう場合は、ボールペンなどの丸みの部分を押しあてる方法や消しゴムなどを強く押し当てて圧をかける方法などもよいです。そのほかに指を下に向けてぶらぶらとさせるだけでも血行を良くして、疲れを改善する効果が得られます。ボールペンの丸い部分で押す場合ですが、強い圧をかけやすいですがやり過ぎてしまうと肌を傷めたり、痛みを強めてしまう可能性があるのでやりすぎずに適度に行うようにすると良いです。

Page Top