前へ
次へ

足つぼマッサージの効果を上げる方法

足裏には反射区と呼ばれるツボが点在しており、弱っている部分のツボを押すとかなりの痛みを感じることがあります。そんな時はツボをマッサージすることで血流やリンパの巡りが良くなり、体を健全な状態に戻してくれる自然治癒力を回復させることが可能です。足裏マッサージには特に決まったやり方はなく、自分で押して気持ちいいと感じる部分をマッサージするだけで構いません。押すときは手の親指の腹を使って息を吐きながらゆっくりと押すようにし、1回につき3~5秒程度の時間を目安にします。押したときに痛いけれども気持ちがいいと感じるくらいの力にとどめ、痛くて我慢できないほど力を入れるのはやめましょう。回数は特に決まっておらず、固くなった塊がほぐれるまで続けるのがポイントです。足が冷えているとなかなか凝りがほぐれませんので、お風呂上がりなどの足が温まっているときの行うのがおすすめです。ただし食後30分以内や飲酒後、体調が悪いときなどにマッサージを行うのは避けましょう。

Page Top